Recollections
Index 1話 > 2話

〜どうしたのかな?〜

"ったく…なんだったのよぉ…"

会社に着いた奈々は、朝の高志への態度にイライラしていた。

『あぁ…!むっかつくぅー!』

『…っ!!奈々?!どうしたの?何がむかつくの?』

"…?!"

『あっ!ごめん…私声に出してた?』

あまりに腹が立っていた奈々は、声に出してしまっていた。
奈々に話掛けたのは、同僚の香織である。
奈々が入社した当時から同期が二人しかいなかったため仲が良い。

『うん…思いっきり声に出してたけど?』
『ごめん…』
『別に私は良いんだけどさ…課長が聞いたらまた怒られるよ?』

奈々は、課の中でもおっちょこい、どじと有名である。

『ごめん…』
『どうしたの?もしかして…また何かあった?』
『え?!またって何?』
『だから…高志さんとその…』

香織は、奈々と高志の仲も知っている…。
奈々が…高志のことをどう思っているかも…。
ことあるごとに奈々は香織に相談していたからだ。

『…うん。そうなの…。もうあいつは人の気持ち分かってないのよ!』
『奈々…また声大きくなってるよ?』
『あっ…ごめん…』
『まぁ、何があったか分からないけど…頑張って……』

重なるように奈々がこう言った。

『誘われたの…』
『え?何が?』
『だから誘われたんだってば!』
『誰に?』
『一人しかいないでしょ…』
『一人って…もしかして…』
『だから…高志に誘われたの!』
『えっ?!えぇ?ほんとに?』
『うん…』
『良かったじゃん!頑張りなよ!』
『良かったのかな?』
『うん!良かったんだよ!』
『でも…何で誘われたのか分からないの…』
『う〜ん…。でも、何か用があったからじゃないの?』
『そうなのかなぁ?』
『そうでしょ!まぁ、頑張りなさい。で、いつ?』
『え?今日…』
『きょ…きょう!?そっか…頑張りな!私は検討を祈ってるよ!』
『うん…ありがとう!』

”なんで誘われたのかなんて分かんないよ…人の気も知らないで…”

『でも…どうしてなんだろう…』

また奈々が呟いた…。
この頃、高志の方はどうだったのだろう…。

+-+--+続く+--+-+

< BACK
【ウィンドウを閉じる】

【『Silver Ring』のTOPよりお越しでない方はこちらをクリックしてください♪】




Silver Ring
Copyright (c) 2003 Silver Ring. All Rights Reserved.
このサイト上の文章や作品などの無断転載を禁止します。
発見した場合には法的手段を取らせていただきます。
このサイトは”Windows XP””Internet Explorer 6.0””1024×768”で動作確認を行っております。
また、”Style Sheets””JAVA Script”も一部のページに使われております。
ご理解とご協力をお願いいたします。


SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送